Wednesday, August 14, 2013
0
ペラ州シティアワン Sitiawan の Pasir Panjang に祀られている大伯公 Tua Pek Kong です。大伯公はマレーシアの中国神の一つで、文字通り"Grand Uncle"を意味します。大伯公の寺院は全国各地にあります
。大伯公は客家の18世紀半ばの張李という学者で、歴史的な人物が神格化されたものです。

張李のスマトラ行きのボートは途中で風に打たれ、代わりに、その時住民50人だけのマレーシアのペナン島に上陸しました。張李がペナンに到着した日付は、1746年のフランシス・ライトの40年前であると信じられています。

張李の死後、地元の華人は、彼に大伯公 Tua Pek Kong の敬称を与え、繁栄の神として彼を崇拝し始めました。張李に捧げられた寺院と墓石は1799年に建てられました。このTanjong Tokong Tua Pek Kong Temple は、ペナン最古の中国寺院の一つです。

今日、大伯公はマレーシア全国の華人の間で崇拝されています。大伯公は部分的な身体的類似性から、しばしば、Tu Di Gong (鎮守神:特定の建造物や一定区域の土地を守護するために祀られた神)と間違えられたりしています。

シティアワンの大伯公寺院は大規模で見所満載です。壮大な彫像、アトラクション、レストラン、売店なども完備されていて、ファミリーで長時間楽しめる場所となっています。

大伯公を訪問した9月16日は「マレーシアの日」という全国的祝日でした。もともとチャイニーズは神への信仰心が強く神社は人気スポットですが、祝日も重なり大勢の訪問者が来ていました。9月16日は、1963年にマラヤ連邦とサラワクと北ボルネオ(現在のサバ州)、及びシンガポールから構成される1つの連邦国家マレーシアが成立した日です。(シンガポールはその後1965年にマレーシアから分離独立し今日に至ります。)












マラッカ海峡に面して祀られています。







虎爺公  虎は生息地を保護できるので、多くの寺院は虎の像を崇拝しています。






岩山は洞窟状になっていて、通り抜けできます。



洞窟内に祀られている仏像

岩山の裏側に亀の池があります。






場所 Tua Pek Kong Temple

大きな地図で見る